2017年06月12日

ワーホリ中の英語の話

ワーホリで英語圏に行く目的の一つに「英語力の向上」をあげる方は多く、自分もそうでした。
聞き取りやすいとされている英語を話す国であるカナダを選んだくらいですし。
今回は自分の3ヶ月のトロント生活を「英語」という視点で話そうかなと思います。

ちなみに自分の英語力はスコアで言うと
10年ほど前(そんな前のを書くなよって感じですが)の高校2年生の時に英検準2級取って
TOEICは2015年に535点取ってます。
2年くらいは毎日何かしら英語に触れる生活を心がけていました。



さて。
今回がまったく生まれて初めての海外だったのですが、英語に対しては不安はあまり持ってませんでした
そのせいか行きの飛行機でのフライトアテンダントさんの英語にも、入国審査のお兄さんやおばさんの英語にも全くびびってませんでした。
まあ、行きはめちゃくちゃ疲れていたっていうのも一因かと思います。びびる余裕もないっていう。
あと洋画や海外ドラマがめちゃくちゃ好きで見ていたので外国人慣れ(っていうのかな?)していたのも良かったのかな。とか。

フライトアテンダントさんの英語って言っても聞き取れなくても何を意味しているかはだいたい想像つくので
最初のリアル英語というにはちょっと違いますね。
でも入国審査では本格的に英語での会話だったですね。聞かれたことわからなかったらどうしようとか思ってましたけどまあその時になってみないとわからないし、とか思ってたし、とにかく疲れていたので、ただただぼーっと列に並んでましたね。
スマホの辞書アプリで単語調べたりとかまったくしてませんでした。

実際は、間違った列に並んでてスタッフに「違うよ」って言われたり「あっち行って」って言われたりしても理解できたし(それくらいはわかるか・・・2単語くらいだったし)
ビザもらうときの質疑応答も淀みなくできたし、ついでにSINもゲットできました。
その時の話はこの記事に書いてありました「トロントに着きました!part2」


色んな国の人が来る場所だからか、移民受け入れまくりのカナダだからなのか、聞き取りやすい英語を話しているのかなーとも考えました。
まあそのおかげで大きな問題もなく入国を果たせたのです。ほっとしますね。

初日に泊まったホテルでのフロントのお兄さんとも会話しましたが、ちょっとぎこちないというか下手くそな英語だったなあといまは思います。
そして全ては聞き取れなくて聞き返したりしたかな。大事な部分だけ聞ければいいやというスタンスでした。


おそれていた学校での英語の勉強も、最初は学校に慣れていないのもあってふわふわしたまま授業を受けていましたが、やっている内容と流れをつかめば大丈夫でした。先生もとても聞き取りやすく話してくれていたので指示されたことのほとんどは取り組めました。
わからなくてもまわりに聞いたりしてつまずくことは少なかったですね。それよりも生徒同士の会話が難しい時が多かったかな。
もちろん完璧な英語ではないし訛もあるので意思疎通は大変でしたが、こっちも同じなのでゆっくり話したり何度も説明したり目を見たり身振り手振りで会話できてました。
話すたびに自分の英語がシンプルすぎて幼稚で、それが嫌だったんですけど上達しませんでしたね。
3ヶ月後には言いたいことはとりあえず言おうという勢いだけは身についたんですけどね。。それでも大きい収穫だと思えます。

学校に通っていたところで、スピーキングの上達には学校の外での会話もたくさんしないと上達しないということも改めて思い知らされました。
学校で話すことももちろん多いんですけど、それでも十分じゃないですね。
だから人にもよりますが、ワーホリ1年じゃ伸びる英語力はたかが知れてるんじゃないかと推測しています。
毎日相当たくさん英語を話しているのなら伸びるとは思いますが、簡単じゃないですよね。学校へ長く行けば伸びるというのも違うと感じました。
学校の授業でやってることは家でもできるし日本の授業でもやっていたことでしたから。
まあ学校へ行けば友達とは話せますけどね。やっぱりそれ以外に自分で積極的に話す機会を作らないとスピーキングに関しては伸びないと確信してます。
そもそも自分は英語でも日本語でも話すこと自体が得意じゃないので全然伸びなかったですけど、英語でも会話できるんだっていうのがわかったし全然話せないわけじゃないのがわかったんでそれだけで十分でしたね。


トロント生活全体で辞書を使ったのは学校の中と家での勉強だけでしたね。街の中では使わなかったかも。
英語を使うのは学校と仕事だけだろうなあって思います。あとは英語できなくても店では商品名言ったりメニュー指差したりするだけでいいし、金額が聞き取れなくてもレジに表示されるし、まあ最悪カードで支払えますしね。
英語を使って働く経験を捨ててきたのでどんな苦労が待っていたのかはちょっとお伝えできませんが、おそらく学校より何倍も大変だと思いますね。特にトロントは様々な英語を話す人がたくさんいるので、接客なんかは自分のような英語力だと厳しかったはずです。


こんなところですかね。
またお話を思い出したら書こうと思います!

いつもご訪問ありがとうございます!



ワーキングホリデー ブログランキングへ


英語 ブログランキングへ

posted by ヨッサン at 22:12| Comment(0) | 英語のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

英語を読みます。


書くことも書く気力もなく、気づいたら前回更新より2ヶ月近くも経ってしまっていました。
時間が経つのは早いですね〜。なんて。すみません。

9月は、向上心とか、やる気とか
カナダに行きたいとか、優秀になりたいとか
そういうポジティブな気持ちがすべて自分の中から消えていました。

とくにきっかけもなく、徐々になくなっていて、気づいたら完全に消えていて
感情が「無」になっていました。不思議ですね。

たぶん、会社が嫌だったんだと思いますけどね。笑

最近はまた、これもきっかけはありませんが、
前向きな気持ちや力が湧いてきたので、ほっとしています。


会社の方は、自分の後任の新人さんが10月から入ってきて引き継ぎ作業を始めました。
こうなると、いよいよ退職の日が近づいたな、という気持ちになります。
嬉しいですが、あとの数日が早く過ぎないか、と未だにもどかしいです。来週末には有休消化に入れるのですが、、、
会社が、嫌いすぎます!笑


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

タイトルの話します。

英語の勉強もあまり、熱心に取り組んでいません。
英文法の問題集をやったり、リーディングしたりしています。

ラダーシリーズのレベル1とかレベル2を読んでいます。
レベル2がなんだか難しくて、レベル1を何度も読んでいますね。。

あと、まだ読んではいませんが
TIME誌が子供向けに発行しているTIME for kids シリーズの本をいくつか買いました。

年鑑と、バイオグラフィですね。
小学校低学年くらいの子向けっぽいので、文章が複雑ではなく、字も大きく、ページ数も少なめなので、読めそうです。これからこいつらを精読と多読で使い尽くします!

読むのはやっぱり好きだし、面白いですね。自分のペースで進められるし。
って甘やかしてばかりではいかんのですが。。

リスニングとか発音とかは全然やってませんね。
海外ドラマとか洋画見てるだけですね。。

完全に言い訳ですが、やっぱり勉強を勉強にしないためには
素材が楽しくないと、続かないんですよね・・・・!

リスニングで楽しい素材を見つけられていないので、なかなか手つかずです。。

でもラダーシリーズにはFebeというオーディオブックのサイトに音声が販売されているので、読んでもよし聞いてもよしで教材として優秀なほうだと思います。
それを、これからやっていきたいと思います。はい。



あと、トロントで通う学校のガイドとかサイトを見るのが結構楽しいですね。

しかしここでショックを受けました。初日のオリエンテーションについて書かれた部分を読んでいて"Welcome talk by the School Director"という文を見たとき、これって全部英語で、だよな〜〜〜と、当たり前のことなんですが、恐ろしくなりました。だって、自分の英語力がわかってたら、青ざめますよ。。笑

まあ、オリエンテーションのウェルカムトークなんて重要なことはないでしょうから聞けなくてもNO PROBLEMなはず。。
とはいえ、リスニングももっともっとやろうって思わされました。


読むし、聞きます!!


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10月頭に上の記事を書いてからアップしていませんでした。。。

11月2日追記

Podcastでスピードラーニングのエスプリラインという会社が作ってる「Speak Up Radio」を聞き始めました。面白いし、英語も簡単で聞き取りやすい。けっこうな初心者さんだと早く聞こえるかもしれません。
いい素材なんですが、スクリプトがない?かもしれない?まだ充分に検索してませんが、スクリプトがあれば満点ですね。



ワーキングホリデー ブログランキングへ



英語 ブログランキングへ

posted by ヨッサン at 12:32| Comment(2) | 英語のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

この英文法書は良いですよ


英語学習者さんの間では馴染みかと思われますが
この↓英語による英語の文法書+問題集。

DSC_3123.jpg
Basic Grammar in Use

有名だと言うことで、自分も今年買って、いま取り組んでいます。
UNIT1から始まってUNIT116まであるのですが、地道にやり続けて
UNIT81まで終えました。

見開きで2ページで1つのUNITになっています。
左ページが説明、右ページが問題、というシンプルな構成です。

日本で日本語によって作られた文法書は学生から今まで触れてきましたが
まず日本語が理解できずになんとなく英文法は堅苦しい勉強だ、という印象がありました。
現在は英文法の知識はある程度つきましたが、未だに日本の英文法書はあまり好きではないです。笑

まあ、そもそも日本の英語に関する書籍ってほとんどが学校の授業・テスト・試験のためにあるようなものですからね。
英語力をつけるためというよりかは、学校で習ったことがきちんと理解できているか、
ということの方が学校にとっては大事なわけですから、あんなに日本語が難解なのも渋々納得です。

しかし、しかしですよ。

こちらは、英語を母国語としない人たちが英語を学ぶために作られたものです。たぶん。

日本語の英文法書の目的が、テストで満点!なら、
こちらの英文法書の目的は、英語を身に付けよう!だと思っています。

すべて英語で書かれていますので、もちろん説明の言葉が難解で理解不能ということはなく、
説明の言葉はごくごく平易な英語で書かれているので英語初心者でもまったく問題なし。
高校生でも、いや、中学3年生くらいでも余裕で理解できると思いますね。

項目も細かく、説明はイラスト付きでとても丁寧。
右ページに設けられた問題は、学んだことを定着させるためには十分な質。

ひとつのUNITを終える毎に「これはいいなあ」と思うのです。

既に英文法の知識はあるにしても、英語圏で作られた文法書なので、新たな発見がいくつもあります。理解しきれていない項目も、クリアーになることがあります!
余計な説明が入っていないので、学んだことに集中できます。

(すごく絶賛してますがどこかからお金とかはもらってませんよモチロン)

紙質がツルツルする光沢紙で本自体が結構重いこと、あと解答しかなく説明がないことが難点かもしれませんが、それでも素晴らしい本だと思います、私はね!!

自分が買ったものはアメリカ版(イギリス版もあるようです)の初級でしたが、中級もあります。
中級は表紙が紫で「Intermediate」と書いてあります。そちらも買いました!
早くそっちで知識を深めたい!と思っています。カナダに行く前に終わらせたいです。
workbookという問題集や単語帳などもあるようで、気になります。ほしいものリスト公開してみているので、よろしければ送って下さい。感想書きます・・・!


あと和訳もされているようですので、どうしても全て英語の本には抵抗があるという方は
検索なり書店に問合せするなりして手に入れていただきたいです。興味があれば!


具体的に中身の話をすると、
・willとbe going toの違い
・aとtheの使い分け
・somethingとanything

こういう、日本語にはあまりない概念や違いは日本語の説明だとどうしてもわかりづらくなりがちですが、大丈夫です、わかりやすいです。

あと、テストには出てこなかったけど、実際英語使うときには必要だな〜っという内容もたくさんありました。簡単そうだけど、知らないとどう言えばいいのこれ?っていう感じの内容です。笑

結構決まった形があって、そこに単語を入れ替えていく、というスタイルが英語には多いので、その基礎の形さえ覚えれば(あるいは理屈が納得できれば)英語はある程度話せるのかもしれません。

というわけですので、

この本にはその基礎の形もたくさん載っているし、実際の英会話で使われる表現ばかりなので、
英語を話せるようになりたい方は、英文法がどのレベルでも、
このBasic Grammar in Useに手をつけてみるべきだと思います!!

どうしても日本の文法問題集ってテストや試験対策用に作られているので
英語を話したいとか文法身に付けたい人には、難しすぎるし答えの幅がとっても狭いんですよね。

英語は言語ですし、何億もいる多種多様で思考行動が複雑な人間が使う物です。
その答えが一つなわけがない。なのに、テストでは答えが一つだけ。
しかも間違えは許されない。

っていう感じなので、日本の英文法書はちょっと、、、って思い始めた方にも
こちらはおすすめです。

自分は久し振りに英文法を楽しいと思いながら問題解いてます。
でも、いや、だからアウトプットはおろそかになりがち。。。


嫌いなこと苦手なことをやる必要はない、
好きなこと得意なこと伸ばそう!っていう精神です。笑

いやでもアウトプットもちょっとずつやります。すみません。


その本持ってるぜー!という方も
いいねこれ買ってみる!という方も
英文法はクソ!という方も
応援クリックお願いします!いつもありがとうございます!!


ワーキングホリデー ブログランキングへ
posted by ヨッサン at 15:20| Comment(0) | 英語のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。