2017年03月20日

トロントについて(2017年3月時点)


これからトロントへ来る方へお役立ち情報になればいいなと思って、
自分が経験したトロントの最新情報をお届けしようかと思います。

・トロント・ピアソン空港からダウンタウンまでの行き方

これはいつか記事にしましたが、また改めて書きますね。
最初は、TTCというトロントの公共交通機関を使って最安の$3.25でダウンタウンにあるホステルへ行くつもりだったのですが
12時間のフライトに加えて、入国審査・SINの申請で疲れた私は初めての土地で初めて利用する公共交通機関に対応できるだけの判断力がなかったので、タクシーを利用しました。
タクシーで空港からダウンタウン(私の泊まったホステルはChurch×Adelaide)まで30分程で$55でした。
タクシーの場合のチップは$2,3らしいですが私は$60渡して釣りはいらないよと言いました。豊富なチップです、この場合は。

帰りは昼間だしもうTTCにも慣れたので最安の$3.25で空港まで行ってみようかと思います。
荷物を減らすことができれば。。


・TTC(トークン、トランスファー、停車ボタン、乗る方向)

さてそのTTCですが。
地下鉄・ストリートカー・バスどれを使って乗り継いでどこまで行っても$3.25で行けます。
結構な頻度で値上がりしているようです。これは2017年3月時点での運賃ですので、ご注意ください。

トークンという小さいコインがいわゆる切符です。
一日券や1週間の定期券、1月の定期券もあります。
地下鉄の改札にトークンを入れるか、パスをスタッフに見せるかスキャンして通り抜けます。
乗り換えが必要で、かつ一日券以上のパスを持っていない場合は、トランスファーチケットというものが必要です。
地下鉄では赤いマシンがあるのでそれボタンを押してゲット。バスとストリートカーはドライバーにもらいます。
「Transfer please」と言ってもらうか、あらかじめドライバーが差し出してくれている場合が多いので、もらってください。

地下鉄は主に2つのラインを使うかと思います。東西南北でプラットホームが別れています。
西方面に行きたい駅がある場合は「Westbound」などと書いてあります。Boundっていうのが「〜方向」みたいな意味です。

バスとストリートカーは乗りたいバス・ストリートカーの番号と方向を間違えなければとってもシンプルでわかりやすいです。
日本と違って進行方向が逆でカナダは右側通行なので、気をつけましょう。
自分は一度方向を間違えましたが、一日券があったのですぐに降りて正しい方向へ行く乗り場に向かいました・・・。

前側乗車で料金を先に払って、あるいはパスを掲げて乗車します。
(地下鉄でトランスファー見せて改札を通過しますが、絶対見てない!って思うくらい見てないです。いいのかそれで?)
停まる場所はアナウンスと電光掲示板に表示されますので安心です。たまに電光掲示板が壊れているので聞き逃さないように!
まあひとつくらいなら逃しても大した距離じゃないと思います。

降車したいときは停車ボタンもあるにはありますが、黄色いヒモが窓のところにぶら下がっているのでそれをひっぱりますね。
これさんざんトロントのブログで見ていたので本当に存在しているのを見ると笑っちゃいます。
ヒモを引っ張るとポンという音がしますね。前側か後ろ側のドアで降りれます。車道を走っているので車に気をつけてください。
今まで降りるときに危ない目にあったことはありませんが、念のため。

土日には運行がストップしたり、時間にルーズなこともあるようです。
なので自分は、一応時刻表みたいなのもあるんでしょうが見たことがないです。5〜6分間隔で来るし時間に正確じゃないなら時計見ても仕方ないかなと思って。
地下鉄がストップする理由はよくわかりませんが、代行バスなども出るみたいですね。

・意外と現金使う

カード社会だからなんでもカードが使えるよ!と聞いていましたが、そしてたしかにその通りです。
現金オンリーなお店も多いですが、基本的にどこでもクレジットカードが使えます。
ただ、もっとポピュラーなのは現金とデビットカードだと思います。
自分も大きな買い物やレストランなどではカード使ってますが、基本的には現金払いで過ごしてます。
小銭の使い方がわからなくて小銭が増えていくという状況になってますが。。。
1セントがないので端数は切り上げ/切り捨てされるので混乱するんですよね。。

現地で銀行開設される方は、そのときにデビットカードがもらえるらしいので、デビットカードで過ごせれば安全かなと思います。
小銭が増えて財布が重くなることもないですね!

自分は早々と帰国することを決めたので銀行は行きませんでした。
が、現金をおろしたいときはATMを使ってます。CIBCでおろしてますが、手数料が$3かかります。
ほかは使ったことがないので(だって場所が悪いのか時間が悪いのか使えませんって言われるんだもの!)わからないのですが。。

・ホームレスが多い

小銭で思い出しましたが、ダウンタウンにはたくさんのホームレスがいます。
じっと座ってお恵みを乞うてる人もいたり、大きな声でアクティブに食べ物の残りを募ってる人もいます。
信号待ちでダイレクトに話しかけてくる人もいます。
ティム・ホートンズは安いお店のせいか、小銭くださいと話しかけてくる人が多いですし、金曜の夜だったり人が集まるところには、ホームレスも活発に行動しています。

お恵みをしている人も何人か見ましたが、自分はしたことがないし、しないことに決めました。
「目の前の人も救えないのに世界なんか救えるか」って思うには思うんですが、
一人に恵んだら他の人と平等じゃないという綺麗事を言ってホームレスにお恵みをしない決意をしたのです。

学校の先生から聞いた、アクティブにお金を要求する人への対処法がスマートだと思ったので紹介します。
先生がフードコートかどこかで「食べ物を買いたいのですが」と言って話しかけてきた人がいたらしいです。
ホームレスなのか本当に財布を忘れたのかまではちょっと忘れましたが、先生はその人に
「現金を持っていないのでカードで払いますよ。どのご飯を食べたいんですか?一緒に行きましょう」って言ったらしいです。
すると「やっぱいいです」と言ってその人は去ったらしいです。
先生は何度かそういうことに遭遇したことがあるらしいですが、大抵は去っていくみたいですね。

トロントは安全ですが、こういうこともあるので、スマートに対処できればいいですね。
自分は先生の対処法を聞いてから言えるときにはI have no cash.と言うようにしています。
いままで絡まれたり危険を感じたことは幸いないです。

またホームレスじゃないにしても不可解な言動の人が、少なくとも北海道よりは多いです。
突然叫び出したり、バスの中で暴れたり脅したり、私の前を歩くなと言ってきたり、駅のホームで立ち小便したり、線路に飛び込もうとしたり、、、といろいろです。
実際に見たり聞いたりした話です。エキサイティングな街ですね!



こんなところかな。また思いついたら似た記事書きます。
もし知りたいことがあれば、ワタクシなんかで良ければお答えしますのでお気軽にコメントください!

いつもご訪問ありがとうございます〜〜!



ワーキングホリデー ブログランキングへ



英語 ブログランキングへ
posted by ヨッサン at 04:33| Comment(0) | トロント生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。